Facebook YouTube

1-10.筋肉のケガ

筋肉のけがとして、肉離れや打撲があげられます。

肉離れは、筋肉の微細損傷、もしくは断裂のことをいいます。下肢の中で最も肉離れが起きやすい部位は、ももうら(ハムストリングス)です。次いで、ももまえ(大腿四頭筋)そして、ふくらはぎ(下腿三頭筋)といわれています。肉離れが起こる原因としては、筋の柔軟性の低下、筋のバランス不足(左右、前後)が挙げられます。肉離れは、“筋肉痛がひどくなった感じ”と表現する選手もいます。これは、慢性的な痛みから肉離れに発展してしまった悪い例です。

肉離れが起こりやすい部位
① ハムストリングス
② 大腿四頭筋
③ 下腿三頭筋

打撲は、筋や脂肪などの皮下組織と言われるものの損傷です。これらは、スポーツの接触プレーにおいて、相手の体の一部(膝、肘、頭、ヘルメットなど)が凶器となり、強い衝撃をうけたことにより起こります。

肉離れが起きてしまったら、応急処置を行います。応急処置として、RICE処置を行いますが、痛みがでるストレッチやマッサージを行わないように注意して下さい。痛みが引いてきたら、少しずつストレッチしていくようにします。重度の肉離れをそのままにしてプレーを続けていると、筋肉が石灰化して骨のようになってしまう(骨化性筋炎)事があるので、注意しましょう。

 

おすすめのマクダビッド「筋肉」サポーター

M474” width=
M474 コンプレッション サイラップ
全体圧迫 X 局所的圧迫で大腿部をサポート
(ラップタイプ)
本体価格 3,500円+税
オンライン購入はこちら
M443” width=
M443 コンプレッション カーフラップ
全体圧迫 + 段階的圧迫で
ふくらはぎをサポート
本体価格 2,800円+税
オンライン購入はこちら
M6441L” width=
M6441L HEX レッグスリーブ(1個入)
HEXPAD内蔵でヒザ・大腿・下腿部を
しっかりプロテクト
本体価格 1,800円+税
オンライン購入はこちら
 
Home 1.スポーツのケガ 1-10.筋肉のケガ