パフォーマンスライン マクダビッドのパフォーマンスラインが持つ3つの特長

HEXPADテクノロジー(特許)

革新的なプロテクトギア

激しい動きでもズレない斬新なパッド構造

六角形の独立したパッドをハニカム(蜂の巣)状に配置し、両面からhDcファブリックでラミネートしているため激しい動きでもズレない。

かつてない衝撃吸収性

パッド同士が支えあう一体的なハニカム構造により効果的に衝撃を吸収・分散。

動きを妨げない驚きのフィット感

完全に独立したパッドはどの部位にも完璧にフィットし、フレキシブルに身体と連動するため動きを妨げない。

汗ムレなし

個々のパッド間にある隙間が高い通気性を確保し、パッド部の汗ムレがない。

抜群の軽量性

水分を内部に吸い込まないパッドは、汗による重量負担がなく、常に軽い。

2種類のパッド厚

9mm厚ヘックスパッド

保護性能と動きやすさをバランス良く兼ね備えたヘックスパッド。

14mm厚ヘックスパッド

9mm厚のヘックスパッドと圧縮した5mm厚のヘックスパッドを一体化(2層構造)し、ハイレベルな保護性能を備えたヘックスパッド。

3段階のプロテクションレベル

保護性能に合わせて3段階に分類

プレーヤーが目的に合わせて製品を選択できるようにプロテクションレベル(保護性能)を3段階に分類。

  • プロテクションレベル3保護性能:最上級レベル

    より広範囲を保護するパッドや14mm厚2層構造パッドなど、ハイレベルの保護性能を備えた最上級モデル。

  • プロテクションレベル2保護性能:上級レベル

    主に9mm厚のパッドを使用し、保護性能と動きやすさをバランス良く兼ね備えた上級モデル。

  • プロテクションレベル1保護性能:標準レベル

    動きやすさを重視しつつも保護したい部位を的確に保護するスタンダードモデル。

hDCテクノロジー(特許)

常に快適な体温環境を保つ

ひとクラス上の汗&体温コントロール

特許hDcテクノロジーの特殊加工により、瞬時に汗を吸収・拡散・蒸発させ、体温の上昇をコントロールする。
それにより、過剰な汗・熱による不快感や体温を下げるために使うエネルギーを低減し、パフォーマンスを高める。

ひとクラス上の汗&体温コントロール

この実験は、McDavid(左半身)と他社製品(右半身)を一枚のシャツにして運動前・運動中・運動後にサーモグラフィーで表面温度を比較計測したもの。
McDavidは他社製品よりも2〜3℃程度カラダをクールに保ち、過剰な汗・熱による不快感やエナジーロスを低減することが確認されている。

運動開始前

運動開始前では、他社製品とマクダビッドのどちらも体表温度に大きな差は見られない。

運動開始30分後

他社製品の体表温度は、運動開始前から2〜3℃ほど高くなったが、マクダビッドはhDcテクノロジーによる体温コントロールにより、運動開始前に近い体表温度をキープ。
発汗作用によるエナジーロスを低減している。

運動終了30分後

他社製品に比べマクダビッドは、運動開始前と変わらない体表温度をキープ。
これにより、hDcテクノロジーが汗を瞬時に蒸発させながら体温の上昇をコントロールし、常に快適な環境を保つことが確認された。

運動開始前

運動開始前では、他社製品とマクダビッドのどちらも体表温度に大きな差は見られない。

運動開始30分後

他社製品の体表温度は、運動開始前から2〜3℃ほど高くなったが、マクダビッドはhDcテクノロジーによる体温コントロールにより、運動開始前に近い体表温度をキープ。
発汗作用によるエナジーロスを低減している。

運動終了30分後

他社製品に比べマクダビッドは、運動開始前と変わらない体表温度をキープ。
これにより、hDcテクノロジーが汗を瞬時に蒸発させながら体温の上昇をコントロールし、常に快適な環境を保つことが確認された。

劣化しない吸汗・速乾機能

特許hDcテクノロジーの特殊加工により、洗濯などによる機能低下が生じない。

hDcファブリックの特徴

皮膚感覚の装着感

優れたしなやかさ・着心地・軽さを備え、常に快適な環境を生み出す。

抜群のストレッチ性

プレーヤの動きをまったく制限しない優れたストレッチ性でパフォーマンスをサポート。

最適なコンプレッション

使用部位・目的に合わせ筋肉を最適なコンプレッションでサポートし、パフォーマンスを発揮しやすいコンディションを生み出す。
最適なコンプレッションと優れた運動追随性で筋肉のトラブルや疲労を軽減。

パフォーマンスを支える2種類のhDcファブリック

hDcファブリック

ストレッチ性、肌触りに優れ、筋肉・関節を最適なコンプレッションでサポートする。

パワーメッシュhDc

hDcファブリックよりひとクラス上のサポート力と吸汗・速乾性能を備えたハイパワーファブリック。

COMPRESSION

運動時の筋肉は慣性や着地時の衝撃などでムダな動き(ブレ)は発生する。人間の身体は、このムダな動きをを無意識のうちに抑えようとしてエネルギーを使っている。それにより知らぬ間にスタミナが奪われ、パフォーマンスが低下してしまうことがある。しかし、筋肉をコンプレッションする事で運動時に発生するムダな動きを抑制できる。

コンプレッションの効果

筋肉のスタミナキープ

筋肉に最適なコンプレッションを加えるとスポーツ時に発生する筋肉のブレを軽減し、ムダなエネルギーの消費を抑えることができる。
ムダなエネルギーの消費を抑えることで、筋肉のスタミナをキープし、パフォーマンスをサポートする。

疲労回復をサポート

一般的に下肢へのコンプレッションは、ふくらはぎのポンプ作用をサポートし、血液循環を促進する。
血液の循環が促進されると体内に溜まった疲労物質が取り除かれ、酷使された筋肉には新鮮な酸素と栄養が運ばれ疲労回復につながる。

筋肉の出力増

外部から表層の筋群を圧迫する事で筋肉の長さや位置に変化が生じ、隣接する筋群が活性化され出力が増す。