ランニング時のヒザ外側のトラブルに


ランナーのヒザ障害

ランニングによる膝のトラブルは膝蓋骨(お皿)周辺と腸脛靭帯炎が大半を占めています。

ランナーのヒザ障害 ■膝蓋骨周辺の痛み(PFSS:Patello Femoral Stress Syndrome):50% ■腸脛靭帯炎:10~25% ■その他:25%

腸脛靭帯炎

痛みの発生個所:膝の外側

[ 症  状 ]
膝の外側にある腸脛靭帯が大腿骨外側上顆と擦れて炎症が起き、膝の外側に痛みが生じるランナーの膝障害の代表的な障害です。

[ 発生要因 ]
発生要因は様々ですが、近年では腸脛靭帯とつながっている大腿筋膜張筋の柔軟性低下によって腸脛靭帯が常に緊張した(張りつめた)状態になり膝の曲げ伸ばしの際に大腿骨外側上顆と擦れて発症しています。

[ 対  処 ]
走行量抑制 ▶アイシング ▶ 大腿筋膜張筋のストレッチ ▶ サポーター着用

腸脛靭帯炎に対応、ランニング時のヒザ外側への負担を軽減

M4193 ランニングニーバンド

好みに合わせ圧迫力を調節可能

厚さと硬さの違う2種類のパッドは取り外しが可能。好みやその日のコンディションに合わせて付け替えることで圧迫力を自在に調節が可能。



パッドの使い分け参考例

強く圧迫したいとき → 厚く、硬いパッド
軽く圧迫したいとき → 薄く、軟らかいパッド

M4193 ランニングニーバンドの製品スペックはこちらをクリック


M4193 ランニングニーバンドの取扱店はこちらをクリック


膝蓋骨周辺の痛みに対応するサポーター

  • M414 ニーストラップ

    M414 ニーストラップ
    お皿の下のトラブルに

  • テスト イメージ2

    M419 マルチアクション ニーラップ1
    お皿を安定させる取り外し可能なマルチパッド付属

  • テスト イメージ2

    M4192 ダブル ニーラップ
    ダブルラップ構造でヒザ前面の圧迫力を調整

  • テスト イメージ2

    M4191 ショート ニーラップ
    薄い・軽い・コンパクト