カラダとケガについて
ランナーズニー
Runner's KneeMcDavid
SPORTMED LABO

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)とは

本来のランナーズニーの定義は広く、膝の前面と膝蓋骨周辺におこる痛みの総称で、一つのケガを表すものやランナーの傷害というわけではありません。

ここでは一般的になっている「腸脛靭帯炎(チョウケイジンタイエン)」を主にランナーズニーと定義し説明します。

腸脛靭帯は、大腿の外側にある大きな帯用の繊維組織です。骨盤の横側上部(腸骨稜)から大腿と膝関節の外側を通って、すねの骨(脛骨)に付着しています。主に膝関節を安定させる役割をします。ランナーズニーはこの組織に炎症が起こってしまう傷害です。

ランナー・サイクリスト・ハイカーによく見られますが、膝を酷使するスポーツでも発症することが多いです。(バスケットボール・サッカー・ウェイトリフティングなど)

どのようにして起こるか

膝が真っすぐになっている時、腸脛靭帯は大腿骨の隆起(外側上顆)の前方に位置しています。膝を曲げる時、腸脛靭帯は外側上顆の後方に移ります。この膝の曲げ伸ばしによって、腸脛靭帯の後方部分とその下の外側上顆が擦れます。

膝の曲げ伸ばしを繰り返し行う運動では、腸脛靭帯が繰り返し外側上顆に擦れて刺激され、最終的には腸脛靭帯に炎症が起き痛みが出てきます。繰返しの運動の結果おこる傷害なので、ランナーズニーはオーバーユース(使いすぎ)傷害と言えます。

症状

一般的な症状

痛み
膝の外側部分(関節の少し上)が痛みます。初期はウォーミングアップで筋肉が緩んでいくと痛みはとれていくことがあります。

疼きや張り・燃えるような感じ
膝の外側が疼いたり、張りを感じたり、燃えるような感覚があります。

引っ掛かり
膝の外側に何かが引っ掛かるような感じがします。

筋肉の硬さ
大腿外側の筋肉の硬さを感じます。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON