INTRODUCTION イントロダクション

このムービーで使用しているマスクはオープンエアタイプ(12月中旬発売)です

ATHLETES IMPRESSION アスリート インプレッション

INSTRUCTION インストラクション

 

PRODUCT LINE 2つの製品ライン

フィルター着脱タイプ

2層構造+フィルター着脱による調節。フィルターをON・OFFすることでシーンに合わせて防御機能を自在に調節。

オープンエアタイプ(口元が開閉)

口元の開口部が、マスク内の空間確保と通気性アップ!マスクをしたまま水分補給できる!

2つの開発ストーリー

STORY #1 「アスリートの声から...」

 現代社会では、人々の予防・衛生意識が高まり、必須備品の一つとして誰もが何種類かのマスクを持ち、すでに供給過多のように見える。しかし現実には似たような機能・デザインのモノが溢れ、スポーツに使う人の多くは未だ欲求を満たされていない。McDavidはアスリートの声を繰り返し聴き、①適切な予防 (3密・医療用と違う) ②快適な使い心地 ③スポーツに使いやすい を同時満足させること、そしてデザイン性・スタイル もクールであることを目指しました。
 そして“Protection & Performance”をブランドミッションに掲げるMcDavidが、アスリートのための新しいプロテクトギア 『スポーツフェイスマスク』を開発。New Normal(新しい日常)の世界でも、ケガ予防とフィジカルコンディショニングのための機能サポーターと同等の必須ギアとなります。

STORY #2 「建築技術からインスパイアされて生まれた独創的デザイン」

チューブ構造
TUBE design&structure

20世紀後半の米国シカゴ、ニューヨークの超高層ビル建築を可能にした建築工法の一つ。しなやかさと強度を支えるこの構造にデザインのヒントを得て、マスク全体をチューブ状にデザイン。

ブリッジ構造
BRIDGE design&structure

2本のストラップがマスク本体とともに顔から後頭部を包むように支え、ズレにくい構造に。

トンネル構造
TUNNEL design&structure

チューブ形状を成すマスク本体の両端にカットを入れ、トンネル状のフィルター用ポケットを形成。【フィルター着脱タイプのみ】

オープンエア構造(開閉式ドームスタジアム)
OPEN-AIR design&structure

開口部のすき間から熱・湿気を放出するとともに、フレッシュな空気を取り込む(閉まっている時)。開いている時は水分補給も可能。【オープンエアタイプのみ】

 スポーツフェイスマスク全体がチューブ構造を形成し、さらにトンネル構造とブリッジ構造を組み合わせたようなデザインコンセプト。マスク本体からデュアルヘッドストラップ(以下ストラップ部)まで、チューブ状に機能ファブリックを縫製。ファブリックが2層となる(オープンエアタイプは 2 層+2 層に重なり合う*プロテクトゾーン)ことで飛沫などへの防御を強化するとともに、チューブ構造がマスク全体のサポート力、しっかり感を高める。ストラップ部もチューブ状のラウンドフォルムは、ソフトな肌あたりのファブリックと相まって、耳ストレスを軽減。ストラップ部はまた、『ブリッジ(橋脚)状』 にマスク本体と顔~頭部を包むように支え、ズレにくい構造。
 フィルター着脱タイプはマスク中央部を『トンネル状』にカットすることでフィルターのポケット機能を持たせ、一方、オープンエアタイプはオープンエア構造がマスク内の空間確保と通気性アップに貢献。ハードなトレーニング、スポーツの激しい動きの中でも安定したサポート力を発揮します。
 現代建築技術からインスパイアされて生まれた独創的なデザインのアスリート向けマスクです。
※意匠登録・特許 出願済み(Patent Pending)

McDavid ACTIVE(マクダビッドアクティブ)について

「McDavid ACTIVE」 はMcDavidのセカンドライン(サブブランド)として2020年秋より順次スタートします。新商品「スポーツフェイスマスク」もそのラインナップの一つとして展開。
McDavidは今後も『アスリート~スポーツ接点』の商品開発とブランディングを中心に、『常にパーソナルベストを目指すアスリート』をお客様のコアとしてサポートして行きます。
一方、McDavid ACTIVEは『健康的に、アクティブに生きる人々』をサポートする商品ラインナップとマーケティングを段階的に充実させていく計画です。

FAQ よくある質問

よくある質問

Q1. PM2.5の侵入を防止できますか?

A. 本品は医療用、防塵用ではありませんので、PM2.5の侵入を防止できるとは言えません。しかし、独自素材と3層構造(2層のファブリック素材+シルバーナノフィルター)が飛沫の侵入・拡散を抑制する、と言えます。

Q2. 2つのサイズの中間(境目)の場合はどちらを選べばよいですか?

A. 以下の2通りに分かれます。
① タイトめなフィット感を好む場合は、小さい方のサイズをおすすめします。
② ゆったりめなフィット感を好む場合は、大きい方のサイズをおすすめします。
サイズガイドはこちらをご参照ください。

Q3. 毎日洗濯する必要はありますか?

A. 衛生面を考慮し、使った日には洗濯することをおすすめします。夜に洗って干すと(室内干しでも)、朝方には乾きます。また、初めてご使用になる前にマスク本体を洗濯することをおすすめします。
洗濯方法はこちらをご参照ください。

着用シーン

Q4. このマスクはスポーツ中・トレーニング中にしか使えないですか?普段使いには適していないでしょうか?

A. 本品はスポーツ・トレーニング用に利点のある機能性とデザインを有していますが、交通機関での移動時や日常生活でも快適にお使いいただけます。
「3密環境」での使用はお避けいただくのが無難だと考えます。

Q5. 運動時、屋内・屋外いずれの場合でもマスクを着用する必要がありますか?

A. 屋内・屋外に関わらず、マスクを着用するかどうかを決める際に重要なのが、周囲の人との距離です。
屋外のトレーニング、屋内のエクササイズ、いずれも周囲の人との距離を保てない場合は、特にマスクの着用をおすすめします。

Q6. 雨天時でもマスクを使えますか?

A. 使えます。マスクのアウター(3層目)には撥水加工が施されており、雨水を弾きます。しかし雨量が多い場合は撥水機能の限度を超え、この限りではありません。当社スタッフには、スポーツクラブのプールで泳ぐ時、またサウナの中でも当社マスクを着用している者がおりますが、あまりおすすめできません。息苦しさを感じる場合はご使用を控えてください。

フィルター着脱タイプ

Q7. マスク本体、シルバーナノフィルターは洗濯できますか?

A. 共に洗濯できます。マスク本体からフィルターをはずして洗濯、干すことをおすすめします。※詳細情報はこちらを参照ください

Q8. シルバーナノフィルターは繰り返し使えますか?

A. 繰り返し使えます。使い方・洗い方にもよりますが、70〜80回の使用回数は問題ないと考えています。
※100回の洗濯後でもフィルターの抗菌防臭機能が99%持続することを試験にて確認済。

3枚入りの交換用シルバーナノフィルター(別売)もご用意しています。
※シルバーナノフィルターは洗濯すると色が薄くなりますが、性能には問題ありません。

Q9. シルバーナノフィルターをマスクに挿入するときの向きを教えてください。

A. 青い面が前側、白い面が顔側にくるように挿入してください。

Q10. 他社のフィルターを使用できますか?

A. 当社純正の「シルバーナノフィルター」の使用をおすすめします。
3枚入りの交換用シルバーナノフィルター(別売)もご用意しています。

Q11. どんなシーンでシルバーナノフィルターを挿入すればいいですか?

A. スポーツ・トレーニング・移動中などで人的距離が保てる場合は、「フィルターなし(2層構造)」でも飛沫予防など一定の防御になると言えます。(通気性優先)
一方、公共交通機関での移動時や人との会話時などで人的距離を保てない場合には「シルバーナノフィルターを挿入(3層構造)」しての使用をおすすめします。(防御優先)

オープンエアタイプ

Q12. オープンエアの開口部を開いて(ウォーターボトルで)水分補給する際に、開口部から飛沫や雑菌も侵入しませんか?

A. 下記3点に注意してお使いいただく場合は問題ないと考えます。
 *本品および使用者の手が衛生的であること
 *ウォーターボトルも衛生的であること
 *密な環境、人との距離が保てない状況では本品の開口部を開かないこと
それでも気になるようでしたら、開口部を開かずに下記のような方法で水分補給することをお勧めします。

返品・サイズ交換

Q13. サイズが合わない時、返品や交換はできますか?

A. 商品の特性上、ご購入後の返品・サイズ交換は不可とさせていただきます。何卒ご理解のほどお願いいたします。

INSTRUCTIONS 取扱説明

スポーツフェイスマスクの取扱説明

スポーツフェイスマスクを正しく使用するための装着方法、フィルターの大きさ調整方法、洗濯方法をご紹介します。

取扱説明はこちら >