カラダとケガについて
アキレス腱炎
Achillies TendonitisMcDavid
SPORTMED LABO

アキレス腱炎とは

アキレス腱は体の中で最も大きく/強い腱で、ふくらはぎの筋肉とかかとの骨(踵骨)を繋げています。ふくらはぎの筋肉が収縮すると、アキレス腱がかかとを引っ張り上げます。この動きにより、歩く・走る・ジャンプするときにつま先で立つことができます。

アキレス腱炎はランナーによくみられる傾向があります。特に突然走る強度/時間を上げた時におこます。また週末だけスポーツをする中年層の人たちにもよく見られるケガです。

ほとんどの場合は、医師から指示されるシンプルな家庭でのケア方法で治ることが多いです。

どのようにして起こるか

アキレス腱炎は通常、他のケガのような何かのきっかけで負傷するものではありません。このケガは、腱への繰り返しのストレスが原因でおこります。アキレス腱は歩く・走る・ジャンプ・つま先に力を集中するときに作用していますが、これらの動作のやりすぎ、早すぎ(十分なウォーミングアップをせずに)が原因になります。

また、歳を重ねることでアキレス腱が弱くなっていき、発症する場合もあります。

症例

一般的な症状

朝方に痛みや固さがみられる
睡眠中は筋肉・腱ともにリラックスした状態ですが、朝起きて急に体重をかけアキレス腱が伸ばされることで痛みが出ます

動かすと腱や付け根の踵部分に痛みが悪化する。

運動した後に強い痛み

腱が太くなってくる

※運動中にふくらはぎもしくは踵部分に突然弾けるような感覚を感じた場合、腱損傷(断裂)の疑いもある為、医師に相談してください。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON