カラダとケガについて
筋・筋膜性腰痛症
Low Back PainMcDavid
SPORTMED LABO

筋・筋膜性腰痛症とは

腰痛は、病院へ通院したり・仕事を休むざるを得ない理由の最も一般的な原因の一つです。多くの人が一度は経験しているであろう症例です。

椎間板や腰椎分離症のような構造的な問題がなく起こる腰痛を「筋・筋膜性腰痛症」と呼ぶことが多いです。
体の背面には多くの靭帯・筋肉が集まっており、これらが脊椎を支え、正しい位置にとどめています。この筋肉を少し伸ばしすぎたり・疲労が蓄積すると、筋肉には小さな損傷が起こります。傷ついた筋肉は次第に弱くなっていき、脊椎を正しい位置に保つことが難しくなり、結果として腰痛を引き起こしてしまうのです。

どのようにして起こるか

筋・筋膜性腰痛症の原因の多くは、腰への繰り返しのストレスによるものです。重い重量でのリフティング・トレーニングの繰り返しや、リフティング中に正しい姿勢を保てなく、不自然な体勢でのトレーニングにより必要以上のストレスが腰回りの筋肉へとかかってしまうこともあります。

ゴルフのような繰り返しの捻り動作も原因

また、スウィング動画のような繰り返しの体幹の捻りも、通常の生活では起こらないストレスを筋肉へとかけています。
例えば、ゴルフのスウィングのように体幹を利用して一気に力を発揮させる運動では、パワーを出すために一方向へまず体を捻り、その反発を利用し捻った側とは反対側に一気にスウィングを放ち、力を放出します。しかし、ここで忘れてはいけないのは、パワーを発揮したあとにはその運動を止めて体のバランスをためなければいけないことです。ゆっくりと力を作り上げたのとは逆に、急激に力を抑えなければならないので、対応する筋肉には大きな負担がかかります。

他には、普段の姿勢や体重超過、長時間同じ姿勢で着席していることによって筋疲労や筋けいれんを起こすことも考えられます。

症状

一般的な症状

・腰が固く、痛みを感じる

・時に痛みはお尻や脚(特に太ももの背面)に出ることもある

・腰を曲げたり、ストレッチをすると痛みが悪化したりする

・咳やくしゃみで痛むこともある

フィジカル コンディショニング

COMING SOON