カラダとケガについて
内反捻挫(ネンザ)
Ankle Inversion SprainMcDavid
SPORTMED LABO

足首内反捻挫(ネンザ)とは

足首の内反捻挫は全ての年代・アスリート・インドアに起こる最も一般的な怪我です。
足首の外側には主に3つの靭帯があります。前方から順に前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靱帯。前距腓靭帯および後距腓靱帯は脛の外側の骨(腓骨)と距骨(脛の骨と踵の骨の間にある)を繋げる靭帯、距腓靱帯は脛骨と距骨(かかと)を繋げる靭帯です。それらの靭帯の一つもしくはそれ以上を伸ばすあるいは断裂し、痛み、腫れ、歩行困難を引き起こします。

我慢して医師の診察などを受けない人も多いですが、軽度の痛みと腫れ以上の症状がある場合は、医師の診断を受けることが重要です。正しい治療・リハビリを受けずにいると受傷した足首は正しく治癒せず、可動域の低下・関節の不安定が残り、結果として捻挫癖がついてしまいます。

どのようにして起こるか

足首が強制的に内側へ曲げられることで、外側の靭帯が伸びる/損傷してしまいます。足首をひねる原因は様々な要因があります。アスリートで多くみられるのは、他人の足の上に着地してしまい捻ってしまうケースや、急激に止まろうとした際に勢い余って足首をひねってしまうケースです。

また、何らかの原因で膝をしっかり曲げ・足を上げて歩くことができない場合(筋力の低下や柔軟性の低下など)、後ろ足を前に移動させる際に足先が地面に引っかかってしまい足首を捻ってしまうことも多く、これは高齢の方に多く見られます。

症状

一般的な症状

痛み
足首の外側に痛みを感じます。体重を乗せると悪化します。

ハリ
足首を触るとハリを感じます。

腫れ
足首の外側に腫れが見られます(受傷後、すぐに腫れない場合もあります)。

変色
内出血がおこり、青あざがみられます。

可動域の低下
足首が固くなった感じがします。足首を動かすと痛みを感じるため、動きが低下します。

歩行困難
足首に痛みを感じるため、歩行が困難になります。

重症度

1度(軽度)
軽度な痛み、腫れが少しまたはほとんど見えない状態。また、皮膚の変色(青あざ)などは見られず、関節の緩みもない、荷重歩行に問題がない状態。

2度(中度) 
中度の痛み、腫れや関節にハリを感じる、変色が見られることもある状態。また、軽度から中度の関節のゆるみ、軽度の可動域の低下がみられる、加重歩行に痛みを生じる状態。

3度(重度) 
激しい痛み、腫れ、ハリ、変色がみられる状態。また、関節が不安定で可動域の低下がみられる。荷重をするのが困難な状態。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON

関連商品