カラダとケガについて
四十肩・五十肩
Frozen ShoulderMcDavid
SPORTMED LABO

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。
肩関節に痛みとハリ・固さが徐々にみられてきて、次第に肩を動かすことが困難になることから、英語では「Frozen Shoulder(フローズンショルダー)」とも呼ばれています。

40代~50代に多く見られることから、四十肩・五十肩と呼ばれることもあります。

数か月単位の場合もあれば、数年単位で症状が続くこともある為、非常に難しい傷害の一つです。

どのようにして起こるか

肩は3つの骨(上腕骨・肩甲骨・鎖骨)からなり、上腕骨と肩甲骨でなる関節は球関節です。関節を安定させるために繊維状の靭帯が集まっている(関節包)。肩関節周囲炎はこの関節包が炎症をおこし、分厚くまた固くなっていきます。結果として肩は、関節を動かす十分なスペースを失い、可動域が制限されます。

なぜこのようなことが起こるのか未だに解明されていませんが、糖尿病の持病を持っている方や、直近で手術や腕の骨折で長期間肩を固定しなければならなかった人に多くみられます。

症状

肩関節周囲炎は徐々に発症し、大きく分けて3つのステージに分けられます。各ステージで数ヶ月続くことがあります。

ステージ

炎症期
・動かすたびに肩に痛みが生じます
・徐々に悪化していき、夜痛みが増します

拘縮期
・痛みは良くなっていきますが、肩のハリ・固さは悪化します
・肩を動かすことがさらに困難になり、日常生活にも支障をきたします

回復期
・可動域が元に戻り始めます

フィジカル コンディショニング

COMING SOON