カラダとケガについて
椎間板ヘルニア
Disc herniationMcDavid
SPORTMED LABO

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは、脊椎を作るために積み重なるそれぞれの椎骨の間にあるクッションの役割を持つ椎間板に異常をきたすことで起こる傷害です。

各椎間板はゴムのような線維性軟骨からなる環状部分(繊維輪)が、ゼリーのような柔らかさをもつ中心(髄核)を包み込む形でできています。この椎間板があることで、脊椎は様々な方向に動くことができ、また衝撃を吸収することができます。
時折この髄液が繊維輪を押し出してでてくることがあり、近くの神経を刺激することで起こる傷害を椎間板ヘルニアといいます。(椎間板ヘルニアはどの脊柱でも起こりえます。)発症する場所により、腕または足の痛み・麻痺・筋力が弱体化していきます。

どのようにして起こるか

単一の極度の負荷や、怪我によってヘルニアを起こすこともありますが、多くの場合は年齢を重ねることによる退化が原因となることが多いとされています。

子供や若い頃は、椎間板内の水分量が高く保たれていますが、歳をとるにつれて水分量が少なくなっていき、柔軟性も損なわれていきます。すると椎間板は次第に小さく縮んでいき、椎骨と椎骨の間のスペースも狭まっていきます。これにより軽い負荷や捻る動きでも椎間板が損傷し、その結果、椎間板ヘルニアを発症します。

ほとんど人が椎間板ヘルニアを起こした原因を特定できません。
もしかすると、何か重いものを持ち上げる際に、足や太ももをうまく使わず腰の筋肉で持ち上げてしまったからなのかもしれないし、物を持ち上げている時に捻ったせいかもしれない。あるいはスポーツで見られるような強い転倒・落下のような外傷的な原因で起こっているかもしれないのです。

症状

一般的な症状

痛み
腰椎で起こることが多く、その場合の痛みはお尻・太もも・ふくらはぎに現れます。痛みの種類は鋭く、燃えるような感じがします。

痺れ
椎間板ヘルニアを発症した人は、しびれなどの症状が圧迫している神経の対象部分に出ることもあります。

弱体
圧迫されている神経に支配されている筋肉が弱くなっていきます。これによって躓いたりすることもあります。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON