カラダとケガについて
テニス肘
Tennis ElbowMcDavid
SPORTMED LABO

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)とは

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は腱炎の一種で、肘や腕に痛みを感じるケガです。肘の外側の突起(上腕骨外側上顆)から起こる筋肉が、手首や腕の繰返しの動きによって炎症を起こしている状態です。ケガの名前との繋がりはなく、テニスをしたことがない人、アスリートでない人にでも起こります。スポーツ特有というより、繰り返し握る動作(特に親指、人差し指・中指を使う)がテニス肘を引き起こすことが多いです。

肘の痛みで病院を受診する中で、テニス肘がもっとも多い原因です。どの年代の人にも起こりますが、特に40代くらいの人に多く見られます。

どのようにして起こるか

テニス肘は慢性の傷害であり、オーバーユース(使いすぎ)や筋疲労によるものです。繰り返しの動作(例えばスイング中にラケットを握り続けるなど)は筋疲労を起こしやすく、腱に対してのストレスも増加します。初期は顕微鏡レベルの損傷であっても繰り返しの運動によって損傷が蓄積され、炎症がひどくなり症状として出てくることになります。

テニス・バドミントンなどのラケットスポーツやフェンシング、ウェイトリフティングなどの競技で見られることが多い一方、大工・PCのタイプ・ペンキ塗り・ドライバー捻り・肉の切り落としなどの仕事をしているなども工具・道具を使用することが多いので発症することがあります。

症状

一般的な症状

下記のような動作の時に痛みを感じます。

◯ なにかを持ち上げるとき

◯ こぶしを握る、物(ラケットなど)を握るとき

◯ ドアを開けるとき

◯ 握手するとき

◯ コーヒーカップを持つとき

など

フィジカル コンディショニング

COMING SOON