カラダとケガについて
内側側副靭帯損傷
Medial Collateral Ligament (MCL)McDavid
SPORTMED LABO

内側側副靭帯損傷とは

内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)は膝の主要な4つの靭帯の一つで、関節の内側で脛骨と大腿骨を繋げています。他の靭帯と比べて大きな靭帯で、膝の外側からのストレス(外反ストレス)に抵抗することで、関節の内側部分が開きすぎるのを防ぐ役割をしています。

内側副靭帯を損傷している時、膝は想像以上に過伸展(伸ばしすぎること)もしくは普段は曲がらない方向に曲がることがあります。多くの場合は基本的なケア・安静とリハビリで治癒しますが、重症の場合は手術を必要とすることもあります。

どのようにして起こるか

膝の外側に大きな打撃を受けた時、膝の内側は自然と開き、内側側副靭帯は伸びるか切れてしまいます。特にアメフト、ラグビー、アイスホッケーなどのように他の選手と勢いよくぶつかり合うようなスポーツ(コンタクトスポーツ)では、その力が膝に加わることで痛めることが多いです。
(例:下半身へのタックルや、倒れ込んだところに他の選手が膝に倒れこんできたりした時)

また、接触がない場合(ノンコンタクト)でも、膝が内側に入る(二―イン)といったことや、極度に捻ることでも損傷することがあります。

症状

一般的な症状

痛み
膝の内側に痛みがでます。内側側副靭帯は大きな靱帯なので、他靭帯のケガと比べても痛みが強い場合が多いです。

腫れ
膝の内側部分に腫れが見られます(受傷後、すぐに腫れない場合もあります)。時間が経つにつれて膝の他の部位にも腫れがうつることがあります。

可動域の低下
膝が固くなった感じがします。膝を真っすぐに伸ばす、あるいは曲げることが難しくなります。

歩行困難
可動域が制限され膝の曲げ伸ばしが難しいため、階段を上る・椅子に座ることが困難になります。

重症度

1度(軽度)
軽度な痛み、腫れが少しまたはほとんど見えない状態。違和感はありますが、関節の可動域は正常で靭帯ストレステストも陰性。

2度(中度)
膝を真っすぐに伸ばせない、歩行困難が見られる(踵全体を地面につけられず、足先での歩行)状態。靭帯ストレステストで少し緩い結果(陽性)。

3度(重度)
腫れはあまり見られない(もし見られる場合は、前十字靭帯・膝蓋骨・半月板の損傷を疑う)状態。靭帯ストレステストの陽性(カクっと止まらず、ソフトもしくは全く止まらない)。

内側側副靭帯が単一で負傷することは珍しいです。(内側側副靭帯が半月板にも付着している為。また捻りなどの動きで前十字靭帯も損傷している可能性がある為)

中度以上の場合は、他の部位の損傷を疑われるので、医師にご相談ください。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON