カラダとケガについて
野球肘
Little Leaguer's ElbowMcDavid
SPORTMED LABO

野球肘(リトルリーガー肘)とは

野球肘は肘の上腕骨内側上顆に痛みが生じる傷害で、オーバースロー(投球)をするアスリート(特に成長期の若年層)に多いことから、リトルリーガー肘ともよばれています。

ゴルフ肘が上腕骨内側上顆に付着する筋肉・腱に炎症が出るのに対して、野球肘は骨に炎症がみられるのが特徴です。

野球肘をおこす部分は複数存在しますが、同じ仕組みで怪我をしていきます。ここではゴルフ肘との違いを明確にするために内側上顆に絞っていきます。

どのようにして起こるか

上腕骨内側上顆には筋肉・腱・靭帯が付着しており、投球時などに外反のストレスがかかる際にこれらの組織が肘を安定させて機能しています。つまり、全てのストレスは上腕骨内側上顆に集まってきているともいえます。

成長期の若年層に多い理由

成長期の若年層に多い理由は、骨の成長が関わっています。
成長期の子供の骨は、特にそれぞれの骨の端の部分は、成長が終わった骨の中心部分よりも強度が弱い成長軟骨でできています。この成長軟骨が徐々に伸び・固くなり骨を形成することで体が大きくなっていきますが、奇しくも上腕骨内側上顆は骨の端にあたり、筋肉・腱・靭帯が集約されています。そのため、投球するたびに骨にストレスがかかるのは必然となります。

大人の場合は、ここで肘にかかるストレスを靭帯・筋肉・腱で補うこともありますが、骨が完全に形成されていない成長期の子どもの柔らかい骨の場合は、骨に異常を期してしまうことが多いのです。

結果として、
1) 成長軟骨/骨が剥離骨折を起こしてしまう
2) 成長軟骨と上腕骨がうまく癒合しない
3) 成長軟骨が上腕骨からはがれてしまう
といったことが起こってしまうのが野球肘です。

※大人はならないというわけではありません。靭帯の強度や鍛えられた筋肉の強さに骨の耐久性が追い付かない場合は、骨が剥離骨折をおこしてしまうこともあります。

症状

一般的な症状

痛み
肘に痛みを感じます。

腫れ
肘に腫れがみられます。

可動域の低下
肘を真っすぐに伸ばすことが困難になる。あるいは肘がロックされたような感じがします。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON