カラダとケガについて
インピンジメント症候群
Impingement SyndromeMcDavid
SPORTMED LABO

インピンジメント症候群とは

インピンジメント(衝突)症候群は肩の痛みのもっとも一般的な原因です。また、スイマーでよく見られることから水泳肩と呼ばれることもあります。他にも肩を酷使するアスリート(野球やソフトボール)でも一般的なケガです。

ローテーターカフ(インナーマッスル)は複数の筋肉/腱の集まりで上腕骨と肩を繋げています。これらの筋肉は、腕を上げる・旋回させることを補助します。ローテーターカフは肩峰の下を通っており、このローテーターカフが肩峰に対して引っかかる状態や擦れている状態をインピンジメントと呼びます。

どのようにして起こるか

多くのケースでインピンジメントの原因はオーバーユース(使いすぎ)です。繰り返しの肩の使用により肩峰下の腱や滑液包が炎症を起こします。

人が腕を上げるとき、肩峰下のスペースが狭くなりますが、もともと肩峰下は上腕二頭筋腱・ローテーターカフ・靭帯・滑液包など多くの組織があります。この限られたスペース内で腱や滑液包などが炎症を起こし腫れると、腱/滑液包が肩峰などの骨に衝突してしまうことで肩に痛みや他の症状を起こしてしまいます。

症状

一般的な症状

腕を頭より高く上げたり、後ろに上げる際に肩に急な痛みが発生します。

◯ 軽度の痛みがコンスタントに残る。

◯ 肩の前方から横にかけて痛みがでる。

◯ 夜中に痛みが悪化する。

◯ 肩/腕に力がはいらない。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON