カラダとケガについて
内側側副靱帯損傷
Ulnar Collateral Ligament SprainMcDavid
SPORTMED LABO

内側側副靱帯損傷とは

内側側副靭帯は肘の内側にある3つの帯からなる靭帯で、上腕骨と尺骨を主に繋げています。その役割は、肘の外側からのストレス(外反ストレス)に抵抗することで、関節の内側部分が開きすぎるのを防いでいます。

肘の内側側副靭帯はかなり強固な靭帯で、三つの部位に分けられます。
・ 前斜走靭帯
・ 後斜走靭帯
・ 横走靭帯

多くの場合は、全斜走靭帯の単独の損傷がみられますが、複数の靭帯を損傷していると関節が不安定になってしまうので、競技復帰には手術という選択肢も強くなってしまうケガです。

どのようにして起こるか

ヒジの内側側副靭帯の損傷には大きく分けて、二種類あります。

靭帯に急激な力がかかることで起こる突発性の損傷

例えば、ラグビーやアメフトのタックルの際、体は相手選手により固定されてしまっていますが、自らの動き、もしくは相手の動きで腕が外側に開くように持っていかれてしまう場合は、内側側副靭帯を損傷してしまうことがあります。また、ラグビーやアメフトに限らず、柔道などのスポーツや日常生活も含め転倒した際に、肘を伸ばしたままの状態で地面に手をついてしまうと、本来はヒジを曲げることでクッションになるはずなのに、全ての力がヒジ関節にかかってしまい、靭帯損傷につながります。

慢性的なストレスによるオーバーユースでの損傷

*実際は1回のケガで内側側副靭帯を痛めるよりも、繰り返されるストレスによって痛める方が多い。

ボールを投げる時、腕は鞭のようにしなり、その反発力をボールに乗せることで遠くに投げたり、早いボールを投げられるのですが、この時にヒジには大きな力が加わります。ここで骨と骨が脱臼しないように関節をとどめる靭帯が重要な役割を負います。ヒジの内側では牽引力が発生し、靭帯や骨が極限まで引っ張られます。一度の投球で靭帯が切れることは滅多にありません。いれずも積み重なる小さなストレスにより、少しずつ痛んでいた部分が最終的に断裂してしまいます。

また、内側側副靭帯は野球の投手だけに起こるケガではありません。その他にはアメフトのQB(クウォーターバック)ややり投げの選手などでもみられます。ただ、野球の投手ほど連続して投げる動作をするスポーツも珍しく、事例としては野球の投手で起こることが非常に多いです。

症状

一般的な症状

痛み
肘の上腕骨内側上顆の周りが痛みます。

腫れ
肘の内側に腫れが起こります。

関節の不安定感
関節が緩い感じがします。

可動域の低下
関節の不安定感を感じるため、可動域が低下します。

※痛めた瞬間に、ブチっと何かが弾けるような音が聞こえる場合があります。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON