カラダとケガについて
オスグッド病
Osgood Schulatter DiseaseMcDavid
SPORTMED LABO

オスグッド病とは

オスグット病は、膝の下のすねの骨(脛骨粗面)に骨の隆起ができ痛みを起こす傷害です。このケガは、思春期で成長期にいる子供や青年期の若者によく起こり、特にランニング/ジャンプ/早い方向転換を求められるスポーツ(サッカー、バスケットボール、フィギュアスケート、バレー)に参加している子供たちに多く見られます。

男子の方がより多く見られてきましたが、女子のスポーツ参加が増えてきていることで、男女間のギャップは狭まってきています。

どのようにして起こるか

オスグット病は、強い力でヒザ周りの筋肉と腱を収縮させることで、腱の付着部に小さな骨折が起こり炎症や痛みが発生すると考えられています。体は腱の付着部により骨を作ろうとするので、結果として膝の下部に骨のでっぱりが出てきます。

例えば、バスケットボールやバレーのようなスポーツでは、ランニング・ジャンプ・膝を曲げる動作を頻繁に求められるため、太もも前部の筋肉(大腿四頭筋)がすねの骨に付着する膝蓋腱引っ張ります。これを繰り返すことで腱が脛の骨から少し剥がれてしまいます。腱と骨を繋ぎ合わせる為に体はより多くの骨を作ろうとし、脛の前部(脛骨粗面)に隆起ができます。

男子では12~14歳、女子では10~13歳頃に起こることが多いです。この違いは、女子の方が思春期に入るのが男子より早いためで、骨の成長が終わるとこの問題は自然と解決していきます。

症状

一般的な症状

痛みや張り、腫れ
お皿の下に痛み、張り、あるいは腫れが出ます。

痛みの増加
スポーツ中やランニング、ジャンプ、方向転換をする時に痛みが増します。

足を引きずる
スポーツ/運動が終わった後に、足を引きずるようになります。

瘤(コブ)
場合によっては、腱の付着部の脛の骨に瘤のようなものができます。

成長期の骨の形成に関わってくるので、運動の頻度・強度などは専門の医師にご相談ください。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON