カラダとケガについて
ゴルフ肘
Golf ElbowMcDavid
SPORTMED LABO

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)とは

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)は肘と前腕をつないでいる筋肉の腱に炎症が起こった状態のことを指します。主な痛みの箇所は、腱が付着している肘の内側の突起部分(上腕骨内側上顆)ですが、ときにその痛みは前腕や手首まで広がることもあります。

ゴルフ肘と呼ばれていますが、ゴルファーにだけ起こるものではありません。握る・前腕を回転させる・手首を屈曲させるような動きを繰り返し行うことで他のスポーツ(例えばテニス、ボーリング、野球など)でも発症します。

また、その他にも工具(ドライバーやトンカチなど)をよく使用したりする職人などでもみられるケガです。

どのようにして起こるか

ゴルフ肘は手首・手指をつかさどる筋肉・腱へのダメージで起こります。このダメージは通常、繰り返しによるストレスもしくは急激な過度のストレスが関係しています。力づく(無理やり)の手首・手指の動き、例えば間違ったリフティング方法・投球・スウィングや、ウォーミングアップ不足などのコンディション不良などがケガへとつながります。

テニスなどのラケットを使用するスポーツでは、正しくないフォームでのストロークの繰り返しによって筋肉や腱にストレスがたまります。また、トップスピンを多用したり、ラケットが小さすぎるもしくは重すぎても肘に負荷がかかります。

また、野球やソフトボールの様なオーバーヘッドスローを要するスポーツで、不適切なフォームでの投球もゴルフ肘の原因となります。他にはアメフト、アーチェリーや陸上競技のやり投げがあります。

スポーツ以外の場合、建設工事・配管工事・大工仕事などの繰返しの重労働(重いものを持ち上げる・持ち運ぶなど)でも引き起こす可能性があります。

どの原因であっても単純な回数で起こるのではなく、一日一時間以上を何日も繰り返すことのストレスで発症することが多いケガです。

症状

一般的な症状

痛み
肘の内側に痛みを感じますが、時に前腕部まで広がることもあります。

ハリ
肘にハリを感じることがあります。握りこぶしをすると痛みます。

弱さ
手や手首が弱くなったような感覚を感じます。

しびれ
上腕骨内側上顆の下には大きな神経が通っている為、ゴルフ肘の影響で神経が圧迫されたりすると、薬指や小指にしびれを感じることがあります。

フィジカル コンディショニング

COMING SOON