カラダとケガについて
ジャンパーズ ニー
Jumper's KneeMcDavid
SPORTMED LABO

ジャンパーズニー(ジャンパー膝)とは

ジャンパーズニーは、膝蓋骨からすねの骨(脛骨)に伸びる腱におこるケガのことを表します。この膝蓋腱は太ももの前部(大腿四頭筋)と連動して、膝を伸ばす動きをします。これによってボールを蹴る、走る、跳ぶ(ジャンプ)することができます。

ジャンパーズニーは膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎)とも呼ばれ、ジャンプを頻繁に行うスポーツ選手によく起こる怪我です(バスケットボール、バレーボールなど)。しかし、これらのスポーツでよく見られるだけで、ジャンプを伴うスポーツに参加していない人にも起こる症例です。

どのようにして起こるか

ジャンパーズニーは、膝蓋腱に繰り返しかかるストレスによって起こるオーバーユース(使いすぎ)傷害の一つです。このストレスによって腱には小さな裂け目ができ、体はそれを修復しようとします。

しかし、裂け目が増えれば増えるほど、炎症に伴う痛みが出て、腱も弱くなっていきます。

主な要因

身体活動
ランニングやジャンプはジャンパーズニーに最も関係しています。運動の強度および頻度の急激な増加は、膝蓋腱に加わるストレスも増加します。ランニングシューズの変更も、要因の一つになります。

柔軟性
太ももの前部の大腿四頭筋、後部のハムストリングスが固いと、膝蓋腱にかかるストレスも上がってしまいます。

筋バランス
脚の筋肉のバランスが悪く、一部の筋肉が他の筋肉よりも強いといったことがあると、その強い筋肉によって膝蓋腱がより強く引っ張られます。バランスの取れていない筋肉による引っ張りは腱に炎症をもたらす原因になります。

症状

一般的な症状

痛みと張り
膝蓋腱まわりに痛みと張りを感じます。最初は運動中に痛みが増しますが、休むと消えるといった症状があります。もし、治療されないままでいると、痛みが絶えず続きます(安静にしている時にも痛みが出る)。また、ボールを蹴る、ランニング、膝を曲げる動作は膝蓋骨腱を刺激するので痛みが増します。

腫れ
膝関節部分に軽度の腫れが発生することがあります。

可動域の低下
痛みにより可動域が下がります。

挫傷痕と赤み
重度の場合や急性傷害の直後には、膝関節付近の変色も見られます。

日常生活への不便性
膝蓋腱は膝を伸ばし、脚をまっすぐにする役割があるので、蹴る・階段を上る・腰を下ろす際などに痛みが伴い、不便を感じます。

適切な治療・リハビリの為にも、症状が長く続く場合は医師にご相談ください

フィジカル コンディショニング

COMING SOON